当組合について

としま福祉事業協同組合の理念

協同組合活動を通して、中小企業の介護、福祉事業者の経営基盤強化、安定化を実現し、さらなる地域福祉へ貢献してまいります。

としま福祉事業協同組合の設立の背景

としま福祉事業協同組合(通称:豊福会)は、豊島区内の介護・福祉事業を営む中小事業者が、相互に助け合い発展するための組織として、前身となる「豊島区福祉事業者の会 豊福会」から活動を引き継ぎ、中小企業等協同組合法に基づき、協同組合として設立する運びとなりました。

前身組織「豊島区福祉事業者の会 豊福会」について

前身となる「豊島区福祉事業者の会 豊福会」は、有志の介護経営者により2011年に設立しました。

  1. 相談できる仲間をつくる
  2. 会員のケアのスキルアップ

という目的のもと、研修会や交流会を企画し、実績を積んでまいりました。

今後の活動を「とし ま福祉事業協同組合(豊福会)」に移行し、さらに実効性、信頼性のある組織へと成長させます。

これまでの活動実績

2011年 有志の会として「豊福会」発足。

2011年7月 初の共同事業となるトップセミナーを実施。約70人の参加者が集まった。

2019年7月 協同組合化に向けて準備会発足。

2020年6月 中小企業等協同組合法に基づいた協同組合として、正式に認可を受ける。

Copyright© としま福祉事業協同組合(豊福会) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.